購入時の登記費用って?

不動産を購入する時に物件価格の他に諸費用が必要になることは多分知っている方が多いと思います。
その諸費用のうち、登記費用というものがあります。

一口にいうなら、「この不動産は私のものです」を公示できるように法務局に登録する、というものです。
通常の不動産売買(購入)なら、
1.所有権移転登記 ー 売主から買主へ所有権を移すこと。
2.抵当権設定登記 ー 住宅ローンの額を登記すること。
3.住所変更登記 ー 登記上の住所を現住所に合わせること。(引越時期が異なった時かな。たまぁ〜にあります。)
4.報酬額 ー 司法書士に支払う手数料のこと。

だいたい、この4項目です。

新築なら、
表示登記 − 建物が建ちましたということ。
保存登記 − 建った建物が誰のものか登録すること。
というのもあります。
不動産売買をすると、登記手続きは必ずしますので、こんなことが必要なんだなって知っておくのも良いかと思います。
これらに係る費用は、固定資産評価証明書の額を基に計算します。
ということで、一般的には、購入物件価格の6〜9%くらいが諸費用額と言われています。
購入時の概算総額は、物件価格の106〜109%とみているとほぼ間違いないと思います。
購入する時、資金が不足することが一番のリスクなので、諸費用は大目にかかるつもりで余裕を持って動きましょう。

くわしくは、個別にご相談くださいね。
JUGEMテーマ:不動産 売買

府中の不動産屋さんはコチラ!

府中市で不動産をお探しの方は、ぜひ不動産売買専門店「わいわいアットホーム」のホームページをご利用ください。毎日新鮮な物件情報を取り揃えて皆様をお待ちしております!

Yahoo!ブックマークに登録 | わいわいアットホーム | 17:16 | comments(0) |

お家を購入する時の贈与税のお話し

子どものころは、親からお小遣いをもらっていたかと思います。
私の場合、小学生の時は週100円だったかな。中学生になって週500円だったような。高校生で月7000円(床屋代含む)でした。
これは、親から子への資金贈与なんですね。

親子と言えども、お金を人さまからただでもらうと、その金額に対して税金を納めなくてはなりません。
ところが、あまりに小さなお金でちまちま言ってたら普段の生活がギスギスするので年間いくらまでなら贈与税は免除しますっていう決まりがあります。それが、贈与税の非課税枠というもので、年間110万円までは課税されないってことになっているわけです。
お小遣いやちょっと何かを買ってもらったとしても贈与なんて心配しなくていいわけです。

で、お家を購入する場合、110万円くらいでは、たしにならないので、「質の高い住宅」なら1500+110万円までなら非課税枠として認めようというお約束になっています。「質の高い住宅以外」なら1000+110万円までなら非課税枠として認めようということになっています。(平成27年に契約をした場合)
これは、適用年によって金額が異なるので、必ず最新の税動向を確認する必要があります。

で、大切なのは何かということですが、この贈与税の非課税枠を利用する場合、不動産を取得した翌年2〜3月の確定申告の時に、必ず「私、贈与受けました!」って申告をすることなんです。
これを忘れてしまい、あとで税務署から贈与受けたとみなされると、問答無用に贈与税持っていかれると思います。
そうなると、とっても悲しいではありませんか。ルールは守ったのに申告を忘れたばかりに、、、、とほほ。

税金というのは、実は減税措置が結構あって、ちゃんと手続きをすれば、かなりの減税が受けられるんです。
人であれば、できるだけ税金を納めたくないというのは正直なところだと思いますので、しっかりと減税が受けれるように確定申告は忘れずに行いましょう。

ちなみに、最近は、親からの贈与を受けて不動産を購入している方が本当に多いです。
資金的にちょっと悩んでいる方は、親御さんに相談してみるのもいいかもしれませんね。
JUGEMテーマ:不動産 売買

府中の不動産屋さんはコチラ!

府中市で不動産をお探しの方は、ぜひ不動産売買専門店「わいわいアットホーム」のホームページをご利用ください。毎日新鮮な物件情報を取り揃えて皆様をお待ちしております!

Yahoo!ブックマークに登録 | わいわいアットホーム | 10:06 | comments(0) |

固定資産税と都市計画税のこと

不動産を所有していると払わなければいけない税金があります。
それが、固定資産税と都市計画税です。

購入する時は、こんなランニングコスト(?)があることは頭の隅っこにおいておきましょう。
で、税金の計算式ですが、土地と建物は別々に計算します。こんな感じで単純です。(府中市の場合)
ちなみに、税率は市町村によって違いますので、ご注意をw

(これが基本計算:土地も建物も一緒の計算式)
固定資産税:固定資産税評価額×1.4%≒納税額
都市計画税:固定資産税評価額×0.2%(特例措置)≒納税額

(ここから、おまけのお話し)

(固定資産税:土地)
さて、この固定資産税ですが、賦課期日(毎年1月1日)にその土地に建物がある場合には、なんと200屬泙任療效呂砲弔い討6分の1におまけされます。200屬鯆兇┐詆分は、そこに建っている建物の10倍の面積までの部分だけはおまけで3分の2に軽減されます。それ以上の部分の土地はまともな税額を納めて下さいってことになります。
つぎに、宅地に係る税負担の調整措置というのもありますが、これは省きます(笑)。

(固定資産税:新築)
新築住宅にも軽減措置があります。
新築された住宅は3年間にわたって、固定資産税は2分の1におまけとなります。ただし、減額されるのは120屬泙任量明僂泙如これを超えた部分はおまけがありません。ちなみに、建物は減価償却で固定資産税評価額が減額していきますので、年々納税額も減っていくということになります。

(固定資産税:中古住宅の耐震改修をした時)
耐震改修した場合は、その改修時期により固定資産税が(平成27年なら)2分の1になります。これは、「耐震改修をどんどんしていってね。した人には、少しだけおまけしてあげるよ♡。」ということなわけです。

(その他)
バリアフリー改修工事、省エネ改修工事、他をした場合、おまけがありますが、これは省きます(笑)。

(都市計画税)
これは、市街化区域(府中市内は全域該当)に土地とお家を所有してる人が納税するものです。
住宅用地については、おまけがあります。
200岼焚爾療效呂覆蕁通常の納税額の3分の2をおまけしてくれます。つまり納税額は3分の1。
それ以上の土地の部分は、通常の納税額の3分の1をおまけしてくれます。つまり納税額は3分の2。というわけ。

はい、大まかに書くとこんな感じです。
実際には、適用要件等がありますので、少々計算に骨が折れます(笑)。
ということで、一応ざっくりと書きましたが、やはり正確な税額については、確認をしなくてはいけません。
ですので、都税事務所でもいいし、市役所でも構いません。
やはり専門の方に確認をしましょう。
そのほうが間違いありません(笑)。
JUGEMテーマ:不動産 売買

府中の不動産屋さんはコチラ!

府中市で不動産をお探しの方は、ぜひ不動産売買専門店「わいわいアットホーム」のホームページをご利用ください。毎日新鮮な物件情報を取り揃えて皆様をお待ちしております!

Yahoo!ブックマークに登録 | わいわいアットホーム | 12:00 | comments(0) |

不動産取得税のこと

不動産を購入すると、「あなた、不動産買いましたね。ふふふ。それなら、税金おさめてちょうだいね。」
こう言われます。
誰から言われるのかというと、東京都主税局からです。

怖いねェ~。
不動産買ったのに、さらに追い打ちをかける出費をさせるとは!

しかし、これを払う人はほとんどいません。
なんでかというと、軽減措置という特例があるからです。

土地に対する課税は、おまけできる土地面積が200屬泙任箸いΩ妥がありますが、その土地に建築する(されている)建物の床面積の2倍までは軽減されてしまう計算式により、無税となります。
例)土地150屐〃物80×2=160屐
  ほら、土地の面積は建物の2倍の面積以下でしょ。
つまり、建物の面積の2倍以上の土地でなければ、土地は無税です。ただし200岼焚爾良分だけが対象。
次に建物です。
ここでいう建物の価格は支払った額とは全然違います。
固定資産税評価額というのがあって、その金額のことを言ってます。
これは、取引価格よりも当然かなり低くなっています。
一般的に新築住宅(建売)は評価額で1,000万円を超える建物はそう多くありません。
新築の場合、この評価額が1200万円以下なら税金はかかりません。

例)A建物の購入価格(支払額) 1,400万円
  A建物の固定資産税評価額  1,100万円
はい、これだと、無税です。

ということです。

【結論】
よっぽどのすごい新築とかすごい不動産を購入した方以外は不動産取得税はかからないという感じなわけ。
(自分が居住しない場合は必ず、納税通知書が来ますよ。)
ちなみに、年度により軽減措置は変わりますのでここに書いていることをそのまま鵜呑みにしないでください(笑)。
一応、中古物件であったり、土地を購入した場合も不動産取得税はかかりますが、そのような時で心配な時は税務署にご相談ください。納付書が万が一来たら、その時は年貢の納め時。おとなしく支払いましょう(笑)。
JUGEMテーマ:不動産 売買

府中の不動産屋さんはコチラ!

府中市で不動産をお探しの方は、ぜひ不動産売買専門店「わいわいアットホーム」のホームページをご利用ください。毎日新鮮な物件情報を取り揃えて皆様をお待ちしております!

Yahoo!ブックマークに登録 | わいわいアットホーム | 21:44 | comments(0) |

普通なら「住宅ローン減税・登録免許税軽減措置」が受けらないけど受けられます。

不動産を購入する時、多くの方に、ある程度知られているものとして「住宅ローン減税」「登録免許税軽減措置」というものがあります。
一般的には以下の期間よりも築年数が古くなると、住宅ローン減税と登録免許税軽減措置が受けられなくなります。
【一戸建て】
非耐火(木造等)なら20年。
耐火(鉄筋コンクリート造等)なら25年。
【共同住宅】
非耐火(木造等)なら20年。
耐火(鉄筋コンクリート造等)なら25年。

今までは上記のとおりでしたが、ここ最近は新耐震基準に適合している建物なら、住宅ローン減税と登録免許税軽減措置が受けられることになりました。

その方法がコレ!
個人間売買瑕疵保険です。

これ、大手さんでも結構知らない人いらっしゃいますね。(ちょっとびっくりでしたね。)
この建物検査を受け、検査に合格すれば、保険証書がめでたく発行されます。

これからは、新耐震基準(昭和56年6月以降に建築確認を取得していること。)であれば、築年数が上記の期間以上経過している物件に対してもまばゆい光を当てることができます。
これによって、買主様の利益がより強くなり、そして保険の観点からも安心がプラスされます。
これは、ぜひ利用しましょう。

たぶん10年の間には(ローンの金額や納付されている所得税等の金額にもよりますが)、住宅ローン減税で数百万円の還付を受けれますし、登記費用(いわゆる購入時の諸費用)に関しては、数十万円は違ってくるでしょう。

ぜひ、そんな物件のご売却、ご購入の時は、「わいわいアットホーム」までご相談をいただければと思います。
よく理解して、よりお得に、そして楽しく、不動産取引をしてくださいね。
お待ちしております(^0^)

 
JUGEMテーマ:不動産 売買

府中の不動産屋さんはコチラ!

府中市で不動産をお探しの方は、ぜひ不動産売買専門店「わいわいアットホーム」のホームページをご利用ください。毎日新鮮な物件情報を取り揃えて皆様をお待ちしております!

Yahoo!ブックマークに登録 | わいわいアットホーム | 12:41 | comments(0) |

不動産取得税って。。。

不動産取得税!
聞きたくない言葉ですね(笑)。

不動産を購入すると、一度だけ納税しなくてはいけません。
でも、払う人はほとんどいないように思います。

【その理由】
土地は、建物の2倍以内の大きさなら、課税されません。(軽減措置と要件があるので注意)
建物は、よほどすごい建物以外は、課税されません。(軽減措置と要件があるので注意)

という事は、、、。
別に気にしなくてよいという事になります。

ただし!土地だけ購入して建物の竣工(完成)が長期化するような場合、一度納税する必要があることがあります。
この場合、建物が完成したら確定申告をすることによって還付を受けられます。

マンションの場合、建物の固定資産税評価額が高かった場合は、もしかすると、課税されちゃうかもしれません。
というくらい課税される可能性が低い税金です。

私のイメージでは、土地が60坪以上で建物がそれ相当の大きさだと税金発生する感じかと。
言いかえれば、かなりのお金持ち限定の税金かと。もちろん計算しないとわかりませんけどね。
※正確な税額計算は最寄りの税務署または税理士に必ずご相談をしてくださいね。
JUGEMテーマ:不動産 売買

府中の不動産屋さんはコチラ!

府中市で不動産をお探しの方は、ぜひ不動産売買専門店「わいわいアットホーム」のホームページをご利用ください。毎日新鮮な物件情報を取り揃えて皆様をお待ちしております!

Yahoo!ブックマークに登録 | わいわいアットホーム | 19:47 | comments(0) |

印紙税は契約の時に

(平成26年8月28日現在のお話し)
不動産を購入・売却する時、一番最初に納める税金。
それが、「印紙税」(国税)です。

印紙税というのは、課税文書(不動産売買契約書のこと)を作成して、契約が有効になったら税金おさめてね、というもの。
なんでや!って思うのですが、法律なので仕方がありません。
金額は決まっています。
○○万円〜○○万円はいくらって決まっています。

税金はしょっちゅう一部改正があるので具体的な金額は省いちゃいますが、今ですと、おおよそ1万円〜3万円くらいが多いです。

とにかく、契約書を作って、その契約書が有効になったら印紙税を納めないといかん!これだけ覚えておきましょう。
納税方法は簡単です。
1.郵便局等に行って、印紙を買います。
2.印紙を契約書に貼り付けます。
3.貼った印紙に消印をします。(印紙と台紙にまたがって押印すること。)
4.はい、完了。

簡単ですよね。
支払いをするのが悔しいが(笑)

※税金は必ずご本人が確認を取るようにしてくださいね。
JUGEMテーマ:不動産 売買
 
府中の不動産屋さんはコチラ!

府中市で不動産をお探しの方は、ぜひ不動産売買専門店「わいわいアットホーム」のホームページをご利用ください。毎日新鮮な物件情報を取り揃えて皆様をお待ちしております!

Yahoo!ブックマークに登録 | わいわいアットホーム | 22:10 | comments(0) |

税金のお話しについて

税金って聞くと、だいたい、チンプンカンプンって感じだと思うんですが、どうしても人が生活していくうえで、お付き合いしていかなくてはいけないもの。

だったら、いろんなことを知っておいた方がいいんじゃないの?ってことで、こうやって記事にしていこうかと思います。
いろんなご相談があるんですが、こんなことをざっくり知っているだけで得したりすることもあります。

という事で、これから不動産に係る税金のお話しを、ちらっと簡単にしていこうかと思います。

ちなみに、税金というのは、その取引内容やお客様の状況によって、まったく違ったりするので、単純ではありません。
弊社には専属の税理士がいますので、相続等の詳しいお話しなどは税理士とお話しをしていただくほうが良い場合もあります。
これから記事にしていくのはあくまで一般論としての説明にとどめ、最終的には皆様がご自身で税務署、税理士等に確認をしていただく必要があります。
この部分は、勘違いをなさらないようにご注意いただきたいと思います。
それでは、少しづつ掲載をしていきますぅ。
JUGEMテーマ:不動産 売買
 
府中の不動産屋さんはコチラ!

府中市で不動産をお探しの方は、ぜひ不動産売買専門店「わいわいアットホーム」のホームページをご利用ください。毎日新鮮な物件情報を取り揃えて皆様をお待ちしております!

Yahoo!ブックマークに登録 | わいわいアットホーム | 11:56 | comments(0) |

サイト内検索

最新の記事

記事のカテゴリー

RSS Feed Widget

コメント

過去の記事(月別)

リンク

携帯版サイト

qrcode

情報配信

その他

1
▲ このページの先頭へ戻る