苦情(銀行担当者さんのお話し)

Entry: main  << >>
特定されちゃうとまずいので、いつのことかは言えないのですが、、、。

弊社のお客様が、自分で指定した銀行で住宅ローンを借りたいというので、ぜひ、そうしてくださいと伝え、お客様が自ら銀行に行って、融資手続きをされたのですが、これがまた、大変だったみたいで、、、。

その理由は、銀行担当者さんのご案内がいろいろ不足しており、
1)説明不足
2)書類の書き直し数回(銀行担当者によるミス)。
3)書類の届け忘れ。
4)アポなしのいきなり訪問
5)緊急の身分証コピーの郵送依頼。

う〜む。こりゃぁ、私も嫌になっちゃうよ。

お客様としては担当者を変えたいと思ったそうなのですが、その手続きもまた厄介。やっぱり言いづらいでしょ。
かといって融資条件は悪くないので。
ホントに納得いかないけど、担当者を変える煩雑を考え、我慢してその担当者にお願いしたそうです。

私が関わっていれば、優しくマイルドにって感じでしっかり担当者とお話しするんだけどね(笑)。
お客様が直に銀行さんと対応しているので、私がシャキン!と対応できないわけ。
やっぱり担当者って大切だって思いますよねぇ。
府中の不動産屋さんはコチラ!

府中市で不動産をお探しの方は、ぜひ不動産売買専門店「わいわいアットホーム」のホームページをご利用ください。毎日新鮮な物件情報を取り揃えて皆様をお待ちしております!

Yahoo!ブックマークに登録 | わいわいアットホーム | 11:47 | comments(2) |
Comment
こういう場合って、不動産会社は手伝ってくれないものなのですか?手伝いでなくても、ついててもらえるだけでも心強い感じがします
Posted by: 斉藤 |at: 2016/01/16 4:44 PM
斉藤様、ご意見ありがとうございます。
不動産会社によって対応が違いますが、同じ会社内であっても担当者によって全く異なります。

融資の契約というのは、買主様対銀行の手続きなので、そこに不動産会社が割り込んでいくと、逆に行き違いなどが発生することがあるので、ある程度おまかせしているんですね。

いわゆる、餅屋は餅屋ということです。

私が最初から窓口になって対応する場合には、私が銀行と打ち合わせをして、ご案内のミスがないように努めておりますので、こういう事はありません。

斉藤様も購入する時は、注意してくださいね(笑)。
Posted by: 府中の不動産屋さん |at: 2016/01/17 11:35 AM








サイト内検索

最新の記事

記事のカテゴリー

RSS Feed Widget

コメント

過去の記事(月別)

リンク

携帯版サイト

qrcode

情報配信

その他

▲ このページの先頭へ戻る